急遽OTODAMA行ってきた!フェス初参戦した持ち物と服装を振り返ります!

音楽

こんにちは!なすのつくだにです。

今回は、先日初めて体験したフェスの経験を記事に書きたいと思います!

急遽「OTODAMA」フェスに参戦

僕は2019年9月7日(土)にあったOTODAMA’18〜’19〜音泉魂〜の1日目に行ってきました!

OTODAMAの公式サイト

実は始めは行く予定ではなく、このフェスがあることすら知らなかったのです……
前日の金曜日の夜に知り合いから急遽誘われたのですが、「フェスってずっと行ってみたかったし、楽しそう!」と思い、行くことにしました!

音楽ブログやっときながら……

音楽ブログで記事を書いていて非常に恥ずかしいのですが、実はフェスというものに行ったことがありませんでした………
楽しそうで行ってみたかったのですが、僕は友達が少なくて、一緒に行ってくれるような友達がいなかったんですよね……悲しい……

なので、

「何持って行ったらいいの?」
「どんな服装で行けばいいの?」
「何か準備した方がいいの?」

などなどの初歩的な疑問が湧き上がりました…
なので、とりあえずフェスに何回も行っている先輩に聞いてみて、突貫で準備してみることにしました。

持ち物

フェス経験者の方に聞いてみたら、

「最低限の荷物で行け」
「盗まれても良い荷物で行け」
「着替えとタオルは持って行け」

という助言を受けたので、

財布
・定期券
・携帯
・モバイルバッテリー
・タオル
・汗拭きシート
・着替え(Tシャツ、靴下)
・水
・ジップロック×3
・スーパー袋

を持っていくことにしました(果たしてこれが必要最低限なのでしょうか?僕は元々荷物が増えてしまいがちなタイプなのです)
鞄も汗でドロドロになってしまうかなあーと思ったのと、両手が使える方がいいとのことだったので、古くて汚れても構わないショルダーを持って行きました。

服装

当日の天気予報は晴れで34度という、9月にしてはかなり暑い予報がされていたので、

・半袖Tシャツ
・半パン
・スニーカー(ニューバランス)

わんぱく小僧スタイルで行くことにしました。
あと、帽子は絶対にいるなあと思ったのですが、僕は持ち合わせがなかったので持って行かなかったです……

フェス経験者の方に服装も聞いたら、

「前で暴れたいなら、人と当たってスレちゃうので、下は長袖のジーパンとかの方がいいかも」

とのことだったのですが、初参戦なので「後ろでゆったり見よう!」と思ってこの服装にしました!

予習

前日の夜に誘われたので予習全然してない状態でした!
知っているアーティストの方もいらっしゃったのですが、知らないアーティストの方もいらっしゃったので焦りました……
とりあえず、どんな雰囲気の曲をやっているアーティストかくらいは知っといたほうがいいなあと思っていました。
そこでApple Musicで検索したところ、どなたかが音魂のプレイリストを作成されていたので、それを拝借して突貫で予習しました。
Apple Musicって偉大ですねー!

荷物・服装・予習の感想は下に書きます!

当日の感想

続いて、フェス初体験となった当日の感想を書いていきたいと思います!
各バンドの感想はまたおいおい記事を書きたいと思うので、ここではフェス全体の雰囲気などを書いていきます!
準備に対する感想を読みたい方は次の項まで飛ばしてください!

会場に着くまで

新今宮駅〜泉大津駅

今回行くOTODAMAは泉大津フェニックスが会場です。

泉大津フェニックスの公式サイト

泉大津フェニックスは南海の泉大津駅が最寄りなので、新今宮から南海に乗車しました!
新今宮からもうフェスに行きそうな人がめちゃくちゃ多くてテンションが上がりました!
フェスTやバンドTを着ていて、軽装の方を見かけると「フェスに行くのかな?」って思えちゃうのが不思議ですね!笑
あまり南海電車を使ったことがなかったので感覚が分からなかったのですが、新今宮駅から泉大津駅って割と遠いんですね。20分くらいかかりました。

泉大津駅

そんなこんなで泉大津駅に到着しました!
当然フェスに行く方々でごった返していたのですが、皆さん通行方向を守りながら整列して出場されていて、「マナーがちゃんとしているなあ」と感心しました。
こういうイベント系では「人が多い」というだけで他の方々に迷惑になってしまうので、好感が持てますね。

泉大津駅で友人と合流しました。
泉大津駅から泉大津フェニックスはシャトルバスが出ているので、バスに乗車することに。
僕、初めは徒歩で行くのかと思っていました笑 徒歩でも行けるみたいなんですが、1時間くらいかかるみたいです。
観光用のバスを何台も用意しないといけないので仕方ないのでですが、バス乗り場までがまあまあ遠かったです笑
バスで10分ちょいで会場に到着しました。

会場到着後

会場に到着したのですが……
暑い!!!ひたすら暑い!!!
泉大津フェニックスは埋め立て地なので日陰が存在しないんですよね。木陰とかが全くないです。
まあ、これに限らず野外イベントの会場は人が多いので、平地になっていて日陰がないのは当たり前ですね。仕方ないです。
僕は帽子を持ってきてなかったので、直接日光が当たって死ぬかと思いました……

会場の構成

会場はレジャーシートエリアと各ステージ前にあるスタンディングエリアに分かれている感じでした。
レジャーシートエリアはファミリーが多めで、音楽聴きながらご飯食べて過ごしている方が多かったです。これは音楽を聴くピクニックみたいな趣で、とても良いなあと思いました!
私たちは友人がレジャーシートを持ってきていたので、それを敷いて場所取りをした上で、各ステージを行き来しつつ疲れたら戻る、みたいな動きをしました。
OTODAMAのステージは3つ(大きいステージは2つ)で、大きいステージは時間が被らないように構成されています。ステージが少ないので、基本的に全部聴けるのはお得感がありますね。

見たステージ

先程も書きましたが、大きいステージは時間が被らないように構成されているので、僕たちは大きいステージ2つを行き来しました。
具体的には

THE BAWDIES
CHAI
Never Young Beach (レジャーエリアでご飯を食べながら)
bonobos (レジャーエリアでかき氷を食べながら)
ハナレグミ (前で聴きました)
iri
FISHMANS (日陰コーナーでゆったり)
SCOOBIE DO (ステージ横で座って)
レキシ
フレデリック (ステージ横で座って)
東京スカパラダイスオーケストラ (レジャーコーナーで)
Yogee New Waves

を聴きました。
時間が被っている訳ではないのですが、間の時間は大移動が発生するので、お目当てのアーティストがあったら早めに抜けて前に行く感じでした。僕はハナレグミの時に前に行きましたが、基本的には後ろでゆったり聴いていました。
初めは「全部聞くぞ!!」という意気込みで臨んだのですが、途中でバテてしまいました…。
そのため、上で書いたように後半は基本座るかレジャーシートエリアに戻って聴いていました……
当日はかなり暑かったので体力がなかったです。
直射日光の下にずっといるってこんなに疲れるんですね……
Yogee New Wavesまで聴いて帰りました。多分20:00くらいだったと思います。

昼食

OTODAMAにはステージ横に飲食ブースが出店しており、お茶やお酒の飲料、カレーや焼き鳥などのご飯を買うことができます。
昼食はNever Young Beachのときに、旧ヤム邸の平成・令和あいがけカレーを食べました。
値段は800円でした。こういうところのご飯は割高なイメージがあったので、思ったより安くて意外でした。
このカレー、人気店である旧ヤム邸が作っているのもあり、ふつうにめっちゃ美味しかったです!フェスのご飯なめてました……
また、お酒も売っていたのでビールを一杯だけ飲んだのですが、暑くて一杯だけで脱水しそうでした、危ない……
暑かったので水分はめっちゃ買いました。ドリンクの料金は少し高めに設定されている(お茶などは200円、お酒は500〜600円)ので嫌な人は予め買うと良いかもしれません。
(多分途中で足りなくなるけど……)

準備に対する感想

行ってみた感想を箇条書きで書いてみたいと思います!

持ち物

持ち物の多さについて

持ち物はこれで十分でしたが、もっと身軽なバッグでも良かったかなと思いました。
基本的にずっと持ち歩くので、最後らへんは肩がこってしまったんですよね。

ペットボトルホルダーは欲しい!

ペットボトルホルダーはあった方が良かったです。これがあったらバッグを一回り小さいものにできたと思います。

日焼け止めはマスト!

日焼け止めを忘れて死ぬほど日焼けしてしまって1週間くらい痛かったので用意するべきです(当たり前ですね笑)。

ジップロックについて

ジップロックは雨が降らなかったので使わなかったのですが、雨が降る時やびちゃびちゃになるくらい汗かいたら必要になるかなと思います。そもそもいらなかったら捨てられるし、かさばらないから持って行っても損はないかなと思いました。

現金はめっちゃいります!!!

フェスによって決済方法は違う(Metrockはキャッシュレス決済可能だったようです)らしいのですが、特に出店は現金しか無理なことがあるので行く前に小銭を用意した方が良いと思いました。

服装

全体的な感想

天気が良かったのでこの格好でも暑かったです……仕方ないですね……

日焼け予防について

日焼けが嫌な人は薄手の長袖と帽子を着たら良いかなと思います。実際に完全防備している方もいらっしゃいました。

着替えは持ってきた方が良い!

天気がめちゃめちゃ良くて死ぬほど汗をかいたので、着替えがあったのは単純に良かったです。

長袖で行くべき??

他のフェスだと分かりませんが、OTODAMAの1日目は皆さん大人な感じで聴いていたのでモッシュとかサークルとかは一切ありませんでした。前で聞いていても少しジャンプするくらい。そのため、他の人と擦れるとか靴がドロドロになるとかはありませんでした。
これはフェスによると思うので、行くフェスのレポートを調べてみて、雰囲気を勉強するのも良いかもしれません。

予習

シンプルに予習は前日だけだと足りませんでした笑
知っているアーティストは良いのですが、割と聴いたことのないアーティストが多かったです。
なので、「こんな曲調のアーティストなのか」というのがざっくりわかっている状態で行きたかったかなあと思います。

まとめ

今まで書いたことをまとめたいと思います!

・初体験のフェスは暑かったけど楽しかった!
・フェスは軽装&軽装!
・予習は念入りにしたい!

フェスに初めて行ってみてとても楽しかったので、これからは他のフェスもどんどん行ってみたいです!
以上、ありがとうございました!