声が低くてもカラオケで歌いやすい10曲!その2・最近のトレンド曲4つ

音楽

こんにちは!なすのつくだにです!
今回は久しぶりの音楽系の記事です!

声が低い僕もカラオケで歌いたい!音が低くても歌いやすい10曲!(+α)その2

その1では、基本中の基本!定番曲3つについて紹介いたしました!こちらもご参照ください!

その3はこちらになります。低いけどテクニカルな曲3つと、番外編として低いけど古い曲を紹介しています!こちらもどうぞ!

今回は、最近のトレンドで歌いやすい曲4つを紹介していきたいと思います!

最近のトレンドで歌いやすい曲4つ!

次は、最近(2016年〜2019年ごろ)にリリースされた楽曲のうち、比較的音が低くてカラオケで歌いやすいかなあと思った楽曲を紹介していきたいと思います!
ただ、どの曲もそれぞれ難しいポイントがあるので、特徴を紹介していきますね!

別の人の彼女になったよ / wacci

2018年にリリースされ、2019年ごろにYouTubeのMVに失恋体験のコメントを残すことで話題になった楽曲ですよね。
通称「別カノ」とか呼ばれています。

最高音はF#4

この楽曲なのですが、最高音はF#4となっており、最近リリースされた楽曲の中ではかなり低い方だと思います!
また、音の高さもAメロ→Bメロ→サビとだんだん上がっていく構成のため、ずっと音が高くてしんどい!みたいな曲ではないと思います。

音の跳躍がサビ部分であるため要練習

この楽曲なのですが、音の跳躍に関しては割と多いため練習が必要ですね。

・Aメロ 「今度はあなたみたいに」の「あな」の部分
・Aメロ 「余裕があって」の「よゆ」の部分(1オクターブ !!!)
・Bメロ 「キスや態度だけで」の「たい」の部分
・サビ 「だからもう会えないや」の「会え」の部分

などで音の跳躍があります。
次に書くリズムとともにこの楽曲の難しい部分となるため、遅いテンポで音程をとる練習する必要がありそうですね。

リズムは結構細かい

この楽曲なのですが、リズムが細かいので苦手な方は結構難しいかもしれません。
この曲はハーフタイムシャッフルのリズム(16分音符がタッカタッカしているノリ)ができたら歌えると思います。難しい方はメトロノームをウラ拍(タッカタッカの「カ」の部分)に入れる練習をしてみると良いと思います。

パプリカ / 米津玄師

2019年にリリースされ、子供たちの間でとても話題になった楽曲ですね。今回はFoorinのバージョンではなく、作詞作曲された米津玄師さんのセルフカバーバージョンを紹介したいと思います。
※上に貼り付けたものはFoorinバージョンのものとなります。

最高音はF#4

最高音はF#4となっており、比較的低めだと思います。
米津玄師さんも比較的音域が低めのアーティストですが、その楽曲でも最高音が低い方の曲だと思います。

スケールは独特

一方、音の跳躍に関してはスケール(音階)が独特な部分があるので練習がいると思います。
具体的には

・Bメロ 「あなたに会いたい」
・サビ 「晴れた空に種を蒔こう」

の部分がキー(調)にない音を歌っており、難しいと思います。聞いてみても不気味な雰囲気になっていますよね。キーボード等でどんな音になっているかを確認しつつ練習したら良いかと思います。

リズムはシンプルな8ビート

米津玄師さんの楽曲はリズムが速かったり細かかったりすることが多いのですが、この曲は8ビートとなっており、さほど複雑なリズムではないと思います。

キスだけで / 菅田将暉

2019年にリリースされた菅田将暉さんの楽曲で、あいみょんさんが作詞・作曲してフューチャーリングしたことで話題になった楽曲ですね。

音の高さは低い

この楽曲は最高音がA4となっており、この音を菅田さんは裏声で歌っています。音域が低めなので音としては出しやすいです。
この楽曲に限らず、菅田将暉さんはそれほど音域が高くない曲が多いので、音域的にはしんどくない曲が多いイメージがありますね。

音の跳躍は地声→裏声の切替が肝

音の跳躍はサビ「キスだけで」の「けで」の部分を上手く歌えるかがカギになりそうです。音の跳躍もあるのですが、地声から裏声へ切り替えていかなければならないのが難しいですよね。
地声から裏声への切り替え練習(低い音域から高い音域へサイレンみたいに上下する練習など)をする必要があると思います。

リズムはゆったりした8ビート

リズムはテンポのゆったりした8ビートで、リズムとして取りづらいところはあまりない印象を受けます。ただ、すごくゆっくりなバラードなので、ミスったらすぐバレるのが大変ですね。

最高音は低いが、歌い回しが超難しい

最高音が低く、音の跳躍もさほどないのですが、その楽曲、歌い回しがすごく難しいんですよね。
菅田将暉さんはすごく歌の技術が高くて、歌い回しがすごく上手いです。
基本的にウィスパーボイスでしっとり歌いあげるイメージなんですが、「張らずに歌う」ことを魅力にできる方は限られそうです。
ウィスパーボイスをしっとり出せるか、裏声と地声の切り替えを魅力的に歌えるかが鍵となりそうですね。

恋 / 星野源

少し前の楽曲(2016年リリース)ですが、ここであげさせていただきます笑

地声最高音はF#4

地声の最高音はF#4、裏声最高音はA4となっており、音域的にはしんどくないかなと思います。
星野源さんも音域の広さで勝負しているアーティストではない気がします。そのため音域的には歌いやすい楽曲が多いかなと思います。

ただ、サビで地声と裏声のスムーズな切り替えが必要となるので、そこの練習が必要かなと思います。

音の跳躍は多め

この楽曲の魅力でもあるのですが、サビの跳躍が難しいんですよね。その部分で音を当て切れるかがカギだと思います。
この楽曲のサビはヨナ抜き音階という、ファとシがない日本的な音階で演奏されているのですが、そのスケールのダイナミックな跳躍ができたらこの楽曲を楽しく歌えると思います!
まずはキーボード等で音を確認したのち、ゆっくりなテンポで音をしっかり当てる練習をすれば良いかなあと思います。

リズムはテンポが速い8ビート

リズムとしては8ビートなのでそんなに複雑ではないのですが、テンポが早いんですよね。息継ぎが難しいと思います。どこで息を吸うかを決めて、腹筋を使って素早く息継ぎをできるように練習する必要がありますね。

まとめと感想

みなさんも歌っている曲が多かったのではないでしょうか?
最高音が低い曲を集めてみたのですが、結構頑張って探してもG4あたりが最高音になるような曲が多かったため、「結局しんどいやん!!!」という感想を抱きました(ごめんなさい)。
ちなみに、僕もG#あたりを連発される曲はしんどいです。なので、後述の「低いけど古い曲」であげたような最高音がD4くらいまでの曲を織り交ぜて、喉があったまったところで前述した「定番曲」や上にあげた「トレンド曲」などを歌うという流れにしています。
無理だったらキーを1つか2つ下げたら良い感じになるかなあと思います。

その2は以上になります!
ありがとうございました!

 

続いての記事は以下のリンクをどうぞ!

その1は以下になります。定番曲についての紹介を見たい方はこちらへ!